家計/マネー

🔰初心者向け|楽天ポイントを運用/投資する2つの方法

楽天ポイントを運用/投資する2つの方法

こんにちは!アオリンゴ(@office_aoringo)です。
投資ビギナーの私はポイント運用もいくつか利用しています。

今回は、今更ですが楽天ポイントを使った資産運用をまとめてみたいと思います。

楽天ポイントを利用した資産運用は2種類!

  1. 「楽天ポイント運用」(初心者向け)
  2. 「楽天ポイント投資」(楽天証券口座が必要)

「①楽天ポイント運用」は、楽天PointClubが提供するサービスです。楽天市場を利用してる人やポイントを貯めてる人なら誰でも気軽にはじめられるので、いきなり自分のお金を投資に充てるのが不安な人や、ポイントを眠らせてるより活用してみたい、といった方でもとてもかんたんに始めることができます。

「②ポイント投資」は、楽天証券での口座開設が必要になります。株式投資や投資信託などを注文する際に、楽天ポイントをつかうことができます。

①「楽天ポイント運用」について詳しく!

楽天ポイント運用

楽天ポイント運用はとてもカンタンに投資体験ができるサービスです。
どうせ貯めておくなら、その一部だけでも運用してみると毎日増えたり減ったり、ゲーム感覚で楽しむことができますよ(‘ω’)

こんな人にオススメ!
  1. 投資をしたことがない人
  2. 自分のお金を使うのは不安な人
  3. 楽天ポイントを100ポイント以上貯めてる人
  4. 証券口座とかよくわからない人
  5. 気軽に投資体験をやってみたい人

2コースの運用スタイルから選びます

「楽天ポイント運用」は、「アクティブコース」と「バランスコース」の2つのコースを選んでポイントを追加して運用することができます。

各コースは異なるインデックスファンドに連動してポイントが増えたり減ったりするようになっています。

この2種類のインデックスファンドは、いずれも実際に証券会社で売買ができるもので人気の高い銘柄のようです(*’ω’*)

インデックスファンドとは…

ベンチマーク(目標とする指数)の値動きに連動するように組入銘柄を構成し、運用する手法を用いたファンドをさします。

代表的な指数として「日経平均株価」や「東証株価指数(TOPIX)」があげられます。インデックスファンドは市場全体や市場を代表するような指数と連動するように投資を行うため、市場全体のパフォーマンスが良好な時は追随してプラスのリターンを獲得でき、振るわないときはマイナスのリターンとなります。

一方で、多くの銘柄に分散投資を行うことから実質的にリスクを低減させる効果もあります。またインデックスファンドはアクティブファンドのようにファンドマネジャーが個別銘柄の調査を行うなどの追加的なコストがかからないため、アクティブファンドに比べてコスト(手数料等)を安く抑えられるといったメリットもあります。

(引用:インデックスファンドとは?その運用方法を徹底解説!)

それでは、2つのコースをそれぞれ説明します。

バランスコース

日々の動きが小さく安定的な運用を目指すコースです。「楽天・インデックス・バランス・ファンド(債券重視型)」の基準価額の値動きを原則反映しています。

気軽にローリスク・ローリターンで始めたい方はこちらをセレクト!

アクティブコース

日々の動きが大きく積極的な運用を目指すコースです。「楽天・インデックス・バランス・ファンド(株式重視型)」の基準価額の値動きを原則反映しています。

アオリンゴ

私ははじめから現在まで数か月、ずっとアクティブコースで運用してます。バランスコースには最近お試しで500Pを追加してみました。

私のポイント運用の様子を公開

楽天ポイントって貯まりやすい(昔はもっと貯まりやすかった!)から使わずに貯めておくことが多かったんですが、投資に興味を持ったもののまだ不安が大きかったころに、チャートを見る癖をつけられたのが良かったです。
今の運用状況はこんな感じでこじんまりと…

最近は次に紹介するポイント投資に使うことが多いので、こちらは気が向いたときに数百ポイント追加したり、出したり、めっちゃテキトーですw

ここ数カ月の運用成績はこんな感じです。隣は同じポイント運用の「paypayボーナス運用」です(*’ω’*)

2021年5月に一瞬マイナスになったときもありましたが????基本的にはビミョ~~なプラスを保っています。

「楽天ポイント運用」のまとめ

楽天ポイント運用は、なんといっても「気軽に誰でもすぐ始められるし、やめたかったらすぐやめられる」という究極の気軽さだと思います。

今のところ、私は少ないながらもプラスで運用できており、例え減ったとしてもマイナスになることはないから安心です。そもそもインデックス指標に連動する投資は、長期で運用すると右肩上がりになっていることが多く、一般的に将来の資産形成において愛されてる投資方法です♪

チャートの下がってる時にポイントを追加する、上がってる時に引き出す、そのまま保有しておく、など資産運用のキホンを体験するにはもってこいのサービスだと思っています♪

アオリンゴ

次は、ちょっと踏み込んで楽天証券で口座を開設してポイント利用ができる「ポイント投資」についてまとめます。

②「楽天ポイント投資」について詳しく!

楽天ポイント投資

こちらは、楽天ポイントを使って、株、投資信託を取引することができるサービスであり、楽天証券口座の開設が必要になります。(※口座開設自体は無料です)。現金を使わずに気軽に投資デビューできる点は「ポイント運用」と同じですが、こちらは実際に証券口座を開設し、国内株や投資信託を購入して運用します。

こんな人にオススメ!
  1. ポイント運用では物足りなくなった人
  2. 資産形成の第一歩を踏み出したい人
  3. すでに楽天証券で口座を開設している、またはこれから開設したいと思ってる人
  4. 楽天ポイントの還元率(SPU)アップしたい人
  5. 楽天カードを所有してる人

ポイントを使ってできる投資はこの3つ

投資信託

買付代金の一部または全てに楽天ポイント、楽天証券ポイントが使えます。資産運用を始める人はまず投資信託を注文することが多いと思うので、購入にポイントが使えるのはとても魅力的です。

さらに、投資信託の積みたてにも対応していますし、NISA、つみたてnisa口座でも可能です◎

国内株式

国内株式(現物取引)の購入代金と手数料にポイントを利用できます。ただし、国内株だけでポイント利用してもSPU対象にはなりません。アオリンゴは楽天証券で個別株の取り引きをしたことがないので、詳しくは公式サイトでお願いしますっ(‘ω’)
⇒楽天証券の解説ページへ

バイナリーオプション

バイナリーオプションの購入金額の一部または全てに楽天ポイントが使えます。ただし、バイナリーオプションの取引には、FX口座とバイナリーオプション口座が必要ですし、ポイント利用してもSPU対象にはなりません。

アオリンゴ

バイナリーオプションは為替チャートを利用した取引で、投信や個別株と比べて、投機性が高い取引なので初心者はとりあえずスルーしましょう。

ポイント投資によるメリット

毎月500ポイント以上使用でお買い物ポイント+1倍!

ポイント利用で、楽天市場でのお買い物のときに貯まるポイントが1倍増加します。

  1. 楽天証券口座を開設
  2. 「楽天証券ポイントコース」→「楽天ポイントコース」に変更
  3. ポイントを使って投資信託を購入する

楽天カードで支払うと投資分もポイントがつく!

積立投資やスポット購入などの支払い方法を、楽天カード払いにすることで、つみたてNISAやその他投資での支払いに楽天ポイントがつくのでお得です。(毎月50,000円上限)

楽天証券の口座開設は、将来のための資産形成の第一歩!

以上、ポイント投資について紹介しました。
証券口座の開設自体は無料でできるし、とくに保持するためにお金がかかることもないので、まだ持ってないという方はこれを機に証券口座デビューしてみてはいかがでしょうか?(^O^)/

楽天証券
サービス名楽天証券
運営会社楽天証券株式会社
POINT①楽天ポイントで投資ができる
POINT②楽天経済圏の強みを活かせる
もっと詳しく→楽天証券

「楽天ポイント運用」のポイント増減の元になっている銘柄を紹介

最後に、はじめに紹介した「ポイント運用」のチャートが何を元に上がったり下がったりしてるのかここにまとめておきますね。

アクティブコース

楽天・インデックス・バランス・ファンド(株式重視型)

「楽天ポイント運用」のアクティブコースが連動している投資信託です。

複数の投資信託証券への投資を通じて、日本を含む全世界の株式および投資適格債券へ分散投資を行っています。全世界株式および投資適格債券の代表的な指数に連動する投資成果を目指しており、各資産の基本配分は、株式70%、債券30%となっています。原則として実質組入外貨建資産の対円での為替ヘッジを行います。

↑
株式投資の割合が多いので上下が大きいぶんアクティブな運用になってます。

バランスコース

楽天・インデックス・バランス・ファンド(債権重視型)

「楽天ポイント運用」のバランスコースが連動している投資信託です。

複数の投資信託証券への投資を通じて、日本を含む全世界の株式および投資適格債券へ分散投資を行っています。全世界株式および投資適格債券の代表的な指数に連動する投資成果を目指しており、各資産の基本配分は、株式30%、債券70%となっています。原則として実質組入外貨建資産の対円での為替ヘッジを行う。

↑
債権の割合が多いので上下の動きは緩やかになってます。

アオリンゴ

それぞれ、「楽天・バンガード・ファンド(バランス株式重視型)」や「楽天・バンガード・ファンド(バランス債券重視型)」とも呼ばれる、人気銘柄で、楽天証券以外の証券会社でも扱われていますよ。

最後に、楽天ポイント運用投資のまとめ

以上、楽天ポイントをつかった投資についてまとめました。
楽天ポイントを利用した、証券口座も不要な「ポイント運用」は非常にお手軽に投資体験ができるほか、バランスコースならリスクも少なくポイントが増えていく可能性が高い(今のところ、私は増え続けています♪)のでオススメです。
→楽天ポイント運用|Rakuten Point Club

証券口座の開設が必要な「ポイント投資」のほうでも、「ポイント運用」で連動しているインデックスの投資信託の銘柄を購入することができます。口座を開設すること自体はお金がかかるわけでもなく、ポイントだけで商品を購入することもできるし、毎月100円ずつなど少額からの投資も可能です◎
→楽天証券

アオリンゴ

以上、楽天ポイント運用についてのまとめでした。自分用にまとめましたが参考にして頂けると幸いです。